TOEIC860点で転職敵なしに!理由と取得方法を解説

「転職を考えています。TOEICで転職を有利に進めるには860点必要って本当?」

こういった疑問を解決します。

TOEIC860点を取得すれば、転職が有利になるどころか、転職において敵なしになるといっても過言ではありません。本記事では、TOEIC860点を取得すれば転職で敵なしになる理由や、860点の取得方法について解説しています。

記事を最後までチェックして、TOEIC860点の取得を目指しましょう。

目次

TOEIC860点以上を取得すれば転職で敵なしになる理由

TOEIC860点を取得すれば転職で敵なしになる理由は、次の3つです。

  • TOEIC公式が定めるAランクがTOEIC860点以上だから
  • TOEIC860点以上を取得すれば受験者の上位10%に入れるから
  • TOEIC860点以上のスコアを求める企業はほとんどないから

TOEIC公式が定めるAランクがTOEIC860点以上だから

TOEICでは、目指すべきスコアとして、730点や860点のような一見区切りの悪いスコアが挙げられます。700点や800点ではなく、730点や860点を基準にしているのには、理由があります。それは、TOEIC600点から満点の990点までを4分割した際の中間にあるスコアが730点と860点だからです。TOEIC600点から満点の990点までを4分割すると、以下のようになりますよね。

  • 600点
  • 730点
  • 860点
  • 990点

そしてTOEIC860点は、TOEICを運営するETSが公開している「TOEICスコアとコミュニケーション能力レベルとの相関票」にて、最も高いAランクに定められています。

また以下のように評価されています。

Non-Nativeとして十分なコミュニケーションができる。
自己経験の範囲内では、専門外の分野の話題に対しても十分な理解とふさわしい表現ができる。Native Speakerの域には一歩隔たりがあるとは言え、語彙・文法・構文のいずれもを正確に把握し、流暢に駆使する力を持っている。

当然TOEICを運営するETSがこのようにTOEIC860点を評価していることについては、企業の採用担当者も把握しています。よって、TOEIC860点を取得すれば、転職で有利になります。TOEIC860点が役に立たないのは、翻訳者など、一部の職種のみです。

TOEIC860点以上を取得すれば受験者の上位10%に入れるから

TOEICでは、英語初心者も上級者も全員が同じ試験問題を解きます。英検のように、級分けされているわけではありません。よって、TOEICを受験すれば、受験者全体の中でどのくらいの位置にいるのかが、明確に分かります。

TOEICの平均点や、スコア分布は実施回ごとに少し変動しますが、大体同じくらいの平均点になるように問題は作られています。

(参照:TOEIC Program DATA & ANALYSIS 2018)

上記の表を見ると、TOEIC845点以上を取得しているのは、全体の7.4%しかいません。よって、TOEIC受験者の中でも10人に1人の英語力を有していることになります。

また上記のグラフは、TOEIC公開テストのグラフです。TOEIC公開テストは、日常的に英語を学んでいる方が受ける試験です。よって、TOEIC860点を取得した際の実際の英語力は、より高い位置にあると言えるでしょう。

【関連記事】TOEICの種類は3種類!就活&転職ではどれを受けるべきか解説

TOEIC860点以上のスコアを求める企業はほとんどないから

転職時に、TOEICスコアの提出を求める企業は多いです。しかし800点以上のTOEICスコア提出を求める企業は稀です。海外駐在員などを除けば、求められるTOEICスコアは700点程度です。

よって、TOEIC860点以上のTOEICスコアを取得していれば、転職活動において、大きなアドバンテージになります。またTOEIC860点以上を取得していれば、ほとんどの確率で、採用面接時に、TOEICについて触れられます。そこでTOEICを取得するために行った努力について説明すれば、良い評価が得られるはずです。またどこの採用面接でもTOEICについて聞かれるので、答え方をパターン化すれば、毎回少ない準備でも採用面接に臨めるようになります。

TOEIC860点を取得すれば転職後も有利に!

TOEIC860点を取得すれば、転職時のみならず、転職後も有利になります。例えば企業によっては、取得しているTOEICスコアに応じて、奨励金を出しています。また昇進や昇給の条件に、TOEICスコアの取得を定めている企業も多いです。

TOEIC860点を取得することによって得られるメリットについては、以下の記事でも解説しています。

【関連記事】TOEIC860取得者に起こるメリット・デメリットまとめ

転職に向けて今すぐTOEIC対策を始めよう

TOEIC860点を取得すれば、転職は有利になります。しかしTOEIC860点は、1ヶ月や2ヶ月で簡単に取得できるようなスコアではありません。普段仕事で忙しくて、勉強時間をなかなか確保できない社会人の方なら、尚更です。

よって、早速今日からTOEIC対策を始めるべきです。社会人が英語を習得するには最低でも1,000時間かかるとも言われています。1日3時間毎日勉強しても、1,000時間の学習時間を確保するには、1年間かかります。

TOEIC860点であれば、1,000時間の学習時間は必要ありません。それでも数百時間単位での学習時間は必要です。あなたが学校を卒業してからほとんど英語を勉強していないのであれば、より多くの時間が必要になるでしょう。

TOEICを受けたことがないのならまずは600点から目指そう

TOEICは最低点数が10点で、満点が990点の試験です。目指すスコアによって、取るべき対策は全く異なります。例えばTOEIC600点を目指すのであれば、単語や文法などの基礎学習が重要です。一方でTOEIC860点を目指すのであれば、実践問題演習が重要です。

TOEICを一度も受けたことがないのであれば、最初から860点を目指すのではなくまずは600点を目指してみましょう。TOEIC600点は、TOEICの平均点くらいのスコアです。履歴書に書いて、就職や転職が有利になる最低ラインです。TOEIC600点レベルの実力がないにもかからわず、TOEIC860点を取るための勉強をしても、効果はありません。TOEIC600点を取得するための勉強方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

【関連記事】TOEIC600点取得のための勉強法とコツまとめ【初心者OK】

TOEICは年に10回も開催される試験です。よって、直近の試験で860点を目指さずに、数ヶ月後に取得できるようにプランを立てるのがベストです。600点、730点、860点と、少しずつステップアップしていきましょう。

忙しい社会人はスキマ時間をうまく活用すべき

仕事が忙しい社会人は、TOEIC対策をするための勉強時間を確保するだけでも一苦労です。そしてほとんどの方は「仕事終わりに勉強時間を確保しよう」と考えてしまいます。しかし仕事終わりの学習は失敗する可能性が高いです。なぜなら仕事終わりは疲れていて、家での誘惑もあるからです。ついつい勉強を後回しにしてしまったり、他の誘惑に負けてしまったりします。また仮に勉強できたとしても、仕事で疲れた状態での勉強は身になりません。

そこでおすすめなのがスキマ時間の活用です。日常生活を見返してみると、数多くのスキマ時間があるはずです。例えば通勤電車の中や仕事の休憩時間、なんとなくテレビやスマホを眺めている時間などが挙げられます。こういった時間を勉強時間に充てることができれば、仕事が終わって帰宅した時点で、すでに1時間以上の学習を終えた状態を作ることも可能です。

しかしスキマ時間を活用するために、どこに行くときも分厚い参考書と筆記用具を持ち歩くのは大変です。そこでおすすめなのが、スマホ一つでTOEIC対策ができるオンライン教材です。

オンライン教材では、参考書のような文字による解説だけでなく、講義動画を見ながらTOEIC対策ができます。講義動画では超一流の講師が、要点だけを短く分かりやすく解説してくれています。

オンライン教材の中でも特に有名な、スタディサプリやスタディングについては、以下の記事でも詳しく解説しています。

【関連記事】スタディサプリTOEICは効果ないは嘘!効果が出る人出ない人の特徴を解説

【関連記事】【体験談】スタディングTOEIC対策講座の口コミ・評判まとめ

まとめ

TOEIC860点を取得すると、転職で敵なしになる理由について解説しました。TOEIC860点は簡単に取得できるスコアではありません。しかし一度取得してしまえば、転職活動が有利になることは間違いありません。早速TOEIC860点を目指して学習を開始しましょう。いきなり860点を目指すのではなく、600点や730点から目指すのも一つの手です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる