TOEIC600点取得のための勉強法とコツまとめ【初心者OK】

TOEICを受験する方の多くが最初に目指すのが、TOEIC600点です。TOEICは990点満点の試験ですが、「TOEICで良いスコアを取っている」「英語が得意だ」と認識されるのは、TOEIC600点からです。

そこで本記事では、以下の内容について解説します。

  • TOEIC600点を目指すべき理由
  • TOEIC600点を取得するためのコツ
  • TOEIC600点を取得するのにおすすめの教材

TOEIC600点は、TOEICを受験したことがない方でも十分取得可能なスコアです。記事を最後までチェックして、TOEIC600点取得に必要なことを知りましょう。

目次

まずはTOEIC600点を目指すべき

TOEICは990点満点の試験で、合否がありません。TOEIC対策を始める際は、目標スコアを決めなければなりません。なぜなら目標スコアによって、取るべき対策が異なるからです。

そしてTOEICを初めて受験する方、英語があまり得意ではない方が最初に目標にすべきTOEICスコアは600点です。最初から700点や800点を目標にしてしまうと、挫折してしまう原因になります。

最初はTOEIC600点を目指すべき理由は2つあります。

TOEIC600点から履歴書に記載できるから

TOEICは英検と並んで、日本国内で最も有名な英語資格試験です。毎年約400万人の方がTOEICを受験しています。

TOEICは知名度が高いので、就活や転職でも役立ちます。履歴書にTOEICスコアを記載しておけば、面接時に必ずTOEICについて質問されるでしょう。

しかし前述の通り、TOEICには合否がありません。受験さえすれば必ずスコアを取得できます。しかしTOEIC400点や500点のスコアを履歴書に記載するのは逆効果です。なぜならTOEICの平均点が580点前後だからです。

TOEIC600点を取得すれば、平均以上の英語力を有していることを証明できます。またTOEICは普段から英語を学んでいる方が受ける試験です。英語を学んでいる方のなかで平均以上ということは、英語を学んでいない人も含む就活市場では、より高い英語力を持っていることになります。

英語初心者でも実現可能な目標だから

TOEIC600点は、英語初心者でも十分実現可能な目標です。まれに英語初心者にもかかわらず、最初から目標スコアを700点や800点に設定する方がいますが、それはおすすめできません。なぜなら目標が高すぎて、何から学習すれば良いかわからなかったり、モチベーションが低下してしまったりするからです。

最終的に700点や800点、それ以上のスコアを目指すのは問題ありません。しかしまずは短いゴールを設定すべきです。最初から遠いゴールを目指すよりは、短いゴールをいくつも設定した方が、達成感を味わえます。小さな成功をいくつも組み合わせることで、長期間継続して学習ができるようになります。

TOEIC600点取得のためのコツ

TOEIC600点取得のためのコツを3つ紹介します。どれも今日の学習から実践できます。

時間内に問題を全て解き終える

TOEICで最も大切なのは、時間内に解き終えることです。

TOEICはリスニング45分、リーディング75分、合計120分の試験です。問題はリスニングリーディング各100問の合計200問で、問題はパート1〜7に分かれています。

TOEICに慣れていない方の多くは、問題を最後まで解き終えることができません。最後は時間がなくなって適当にマークシートを埋めたり、マークシートに空欄ができてしまったりします。

TOEICはマーク式の試験で問題は3択や4択です。答えをはっきりと特定できない問題でも、当てずっぽうでマークさえしておけば、正答する可能性はあります。また少しでも問題を解く時間があれば、選択肢を絞り込むことができ、適当にマークするよりも正答率が上がります。

まずは、全ての問題の解答時間が十分確保できるように、時間配分をマスターしましょう。時間配分は秒単位で決めて、TOEIC対策の時から体に叩き込まなければなりません。

TOEICの時間配分に関しては、以下の記事で解説しています。

関連記事:TOEICスコアは時間配分で大きく変わる!秒単位で解説

TOEICならではのテクニックを身に付ける

試験には、試験ならではの傾向やテクニックが存在します。TOEICも例外ではありません。「このパートではこの単語が出やすい」「このパターンはこれが正解になる」などのテクニクは、知っているだけでスコアアップに直結します。

TOEICで高得点を取得している方は、もれなくTOEICテクニックを熟知しています。以下の記事で詳しく解説しているので、早速本日の学習からテクニックを取り入れてみてください。

関連記事:【意識するだけでスコアアップ】TOEIC必須テクニック10選

単語を徹底して学習する

TOEIC600点を取得するためにまず学習すべきことは単語です。なぜならTOEICでは、大まかな意味さえ分かれば解答できる問題が多いからです。

一方で単語の意味がわからなければ、いくら文法やテクニックを知っていても、問題に正解することはできません。

またTOEIC対策の単語学習では、和訳のみを学習した方が効率的です。英訳の学習は不要です。なぜならTOEICはリスニングもリーディングも、英語を聞いたり読んだりして日本語に和訳して解答するからです。

本来の単語学習では、赤シートを使って英訳を学習したり、ノートに何度も単語を書いて、綴りを覚えたりします。しかし効率的にTOEICスコア600点を取得するためには、和訳のみに絞って学習しましょう。

TOEIC600点を目指すならスタディサプリTOEICがおすすめ

TOEIC600点を効率的に取得するためには、良い教材が必要です。そこでおすすめなのがスタディサプリTOEICです。

スタディサプリTOEICは、TOEICについて体系的に対策ができる学習サービスです。参考書ではなくアプリやウェブを通していつでもどこでも学習ができます。テレビCMを見て知っているという方も多いのではないでしょうか。

スタディサプリTOEICでは、以下のコンテンツを月額2,780円〜で学習できます。参考書を何冊も購入するよりも遥かにお得です。

  • パーフェクト講義
  • パーフェクト講義(英文法編)
  • TEPPAN英単語
  • 実践問題集
  • 基礎英文法
  • 基礎英単語
  • 1分クイズ

「神授業」でおなじみ関先生の講義動画が300本以上収録されています。1本3〜5分程度でサクッと学習できます。TOEICの参考書を読んでも難しくて理解できなかったことを、わかりやすく解説してくれます。

スタディサプリTOEICに関する詳細は、以下の記事で解説しています。

関連記事:スタディサプリTOEICは効果ないは嘘!効果が出る人出ない人の特徴を解説

基礎英単語・基礎英文法で初心者でも安心

スタディサプリTOEICは、英語初心者にも優しい教材です。なぜなら基礎英単語と基礎英文法のコンテンツで、中学レベルの英語から学び直せるからです。

一般的なTOEIC対策用の参考書では、中学高校レベルの英語は習得している前提で解説されています。しかしスタディサプリTOEICなら、一から英語学習を始める方でも安心です。

スタディサプリTOEICは7日間の無料体験を行っています。まずは今日から7日間、スタディサプリTOEICの良さを体感してみてください。1ヶ月後2ヶ月後にはTOEIC600点を取得できるはずです

まとめ

TOEIC600点を目指すべき理由や勉強方法、勉強のコツについて解説しました。TOEIC700点や800点を目指したい方も、まずはTOEIC600点を目指しましょう。

小さな成功体験がモチベーションに繋がり、長期的なTOEIC対策を可能にします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる