スタディングマンション管理士講座の口コミ・評判まとめ

スタディングのマンション管理士講座について気になっています。口コミ・評判や料金などについて詳しく教えてください!

本記事ではこういった疑問を解決します。

スタディングマンション管理士講座は、マンション管理士と管理業務主任者の資格対策ができるサービスです。これまでは参考書を購入して独学で学ぶ方法が主流でしたが、スタディングマンション管理士講座があれば、オンラインで効率的に資格を取得することができます。

記事後半には、スタディングを受講してマンション管理士資格に合格した方の口コミも載せています。記事を最後までチェックすれば、スタディングを使ってマンション管理士資格に合格するまでのイメージが湧くはずです。

「そもそもスタディングってどういうサービスなの?」という方は、以下の記事からチェックしてみてください。

関連記事:【体験者は語る】スタディングって正直どう? 【口コミや評判まとめ】

\無料体験あり/

/登録は簡単3分\

目次

スタディングマンション管理士講座の概要

スタディングマンション管理士講座には、以下3つのコースがあります。

  • マンション管理士/管理業務主任者合格コース
  • マンション管理士合格コース
  • 管理業務主任者合格コース

それぞれ概要や料金をまとめました。

マンション管理士/管理業務主任者合格コース

講座名マンション管理士/管理業務主任者合格コース
受講料一括:39,600円分割:月々3,172円×12回
コース内容マンション管理士合格コース短期合格セミナー:1回基本講座(ビデオ・音声):75講座、合計約27時間Webテキストスマート問題集:75回セレクト過去問集:22回マンション管理士難問解法講座:5回、合計約2時間30分参照条文集(PDF):区分所有法(1冊)/標準管理規約(1冊)
管理業務主任者合格コース短期合格セミナー:1回基本講座(ビデオ・音声):54講座、合計約22時間Webテキストスマート問題集:54回セレクト過去問集:8回
オプションなし
受講期限あり
無料体験あり

マンション管理士合格コース

講座名マンション管理士合格コース
受講料一括:31,900円分割:月々2,676円×12回
コース内容短期合格セミナー:1回基本講座(ビデオ・音声):75講座、合計約27時間Webテキストスマート問題集:75回セレクト過去問集:22回マンション管理士難問解法講座:5回、合計約2時間30分参照条文集(PDF):区分所有法(1冊)/標準管理規約(1冊)
オプションなし
受講期限あり
無料体験あり

管理業務主任者合格コース

講座名管理業務主任者合格コース
受講料一括:31,900円分割:月々2,676円×12回
コース内容短期合格セミナー:1回基本講座(ビデオ・音声):54講座、合計約22時間Webテキストスマート問題集:54回セレクト過去問集:8回
オプションなし
受講期限あり
無料体験あり

\無料体験あり/

/登録は簡単3分\

スタディングマンション管理士講座の特徴5つ

スタディングマンション管理士講座の特徴は以下の5つです。

  • マンション管理士と管理業務主任者の両方を一度に対策できる
  • 難問解法講座で難問対策
  • インプットとアウトプットのバランスが適切
  • スマホがあれば通勤時間にも対策ができる
  • 他スクールにはない低価格で受講できる

それぞれ詳しく解説します。

マンション管理士と管理業務主任者の両方を一度に対策できる

スタディングマンション管理士講座には、以下3つのプランが用意されています。

  • マンション管理士/管理業務主任者合格コース
  • マンション管理士合格コース
  • 管理業務主任者合格コース

一番上のマンション管理士/管理業務主任者合格コースでは、マンション管理士と管理業務主任者の2つの資格対策を同時に行うことができます。マンション管理士/管理業務主任者合格コースの受講料は39,600円です。

一方、マンション管理士合格コースや管理業務主任者合格コースを単体で受講するとそれぞれ31,900円かかります。別々にマンション管理士合格コースと管理業務主任者合格コースを受講すると合計で63,800円かかります。

マンション管理士の資格を取得したいと考えている方の多くは、管理業務主任者の資格も取得したいと考えているのではないでしょうか?またその逆も然りです。よって、どうせどちらの資格も取得するのであれば、マンション管理士/管理業務主任者合格コースを受講しておいた方がお得です。総額にして25,000円近くも受講料を節約できますよ。

難問解法講座で難問対策

特にマンション管理士試験では、独特な難問が出題されます。しかしご安心ください。スタディングマンション管理士講座では難解な問題文を読み解き、解答を導き出するテクニックを学ぶための難問解法講座が用意されています。

よって基礎的な問題から難しい問題まで、スタディングマンション管理士講座さえあればOKです。学習を開始して最初の期間は、難問解法講座の問題を解く必要はありません。他の問題を解いて基礎を固めましょう。しかし一通り学習をして、基礎的なところが身についたら、難問解法講座も解いてみましょう。

難問解法講座を解けるようになれば、マンション管理士試験の合格がグンと近づきますよ。

インプットとアウトプットのバランスが適切

資格試験に合格するには、インプットとアウトプットの両方が必要です。ここで言うインプットとは、新たな語句などを頭の中に入れることです。そしてアウトプットとは、インプットした知識を頭の中から試験の解答用紙に引き出すことです。

インプットがなければ問題は解けません。そしてアウトプットがスムーズにできなければ、本来知っているはずの問題が解けなかったり、必要以上に時間がかかってしまったりします。

つまりどちらかに偏ってはダメで、インプットもアウトプットもどちらも平等に対策をする必要があるのです。

そしてスタディングマンション管理士講座では、イントプットとアウトプットのバランスがいいです。まず講義動画とWebテキストを使ってインプットをします。そして講義動画やWebテキストを見た直後にスマート問題集を使ってアウトプットをします。

そして一通り講義動画やWebテキスト、スマート問題集を解いた後に、セレクト過去問集を使って全体的なアウトプットの練習をします。

参考書を使って我流で勉強をする場合は、「これがインプットであれがアウトプットで」と自分で考える必要があります。しかしスタディングマンション管理士講座の場合はただ順番に問題を解き進めていくだけで自動でインプットもアウトプットもこなせるようになっています。

スマホがあれば通勤時間にも対策ができる

スタディングはオンラインで資格対策ができるサービスです。スマホやパソコン、タブレット端末を使って、資格対策ができます。

ネット環境と端末さえあれば、いつでもどこでも資格対策ができるサービスなのですが、特にスマホを使った学習をおすすめします。なぜならスマホはコンパクトで持ち運びがしやすく、現にほとんどの方が常にスマホをポケットに入れて持ち歩いているからです。

例えば通勤電車の中でパソコンを広げてスタディングを使うのは、無理があります。満員電車でしたらそもそも不可能ですし、人が少なかったとしても、なんだか抵抗がある方が多いのではないでしょうか?

しかしスマホならそういった心配は不要です。満員電車でもスマホは開けます。スマホとイヤホンさえあれば、満員電車の中だろうが、外出先だろうが、自宅にいるのと同じようにスタディングを使って学習ができます。

スタディングのメインコンテンツは講義動画です。「Wi-Fiがない外で講義動画を視聴すると通信容量が心配」という方も多いのではないでしょうか?

実はスタディングの講義動画は1本5分から10分程度と短いので、それほど通信容量を使いません。またスタディングには、講義動画を音声だけで再生できるモードがあります。その場合動画は再生されないので、通信容量を節約できます。

スタディングを使えば、通勤電車のような自宅街の空間でも、ストレスフリーで資格対策ができますよ。

仕事をしながら転職や職場で必要だからという理由でマンション管理士の資格取得を目指している方には、スタディングがぴったりです。

他スクールにはない低価格で受講できる

スタディングマンション管理士講座には3つのコースがありますが、受講料はいずれも3万円台です。3万円代という低価格でスタディングマンション管理士講座を受講できるのは、スタディング だけです。

他のオンライン講座でマンション管理士講座について学ぼうと思うと、5万円以上はかかります。またオンラインではなく通学型のスクールの場合には、5万円どころでは済まず、10万円以上の受講料がかかることも珍しくありません。

スタディングがここまで低価格で講座を提供できているのには、理由があります。それは、コンテンツの質が高いので受講者数が多いことです。受講者数が多ければ多いほど受講料を下げることができるのは当然のことですよね。

一方受講者数が少ないのであれば、受講者1人あたりから徴収する受講料の額を上げなければなりません。スタディングでは、マンション管理士講座以外にも20近い資格対策用の講座を開講しています。

それぞれの講座が、その資格をオンラインで学ぶ方法として最も人気を集めているので、受講者数が多いのも当然です。

スタディングでは、人気のあるサービスを低価格で受講できます。マンション管理士講座の場合は、必要な費用は3万円台です。

\無料体験あり/

/登録は簡単3分\

スタディングマンション管理士講座の口コミ・評判

スタディングマンション管理士講座の口コミ・評判をまとめました。

管理業務主任者は出題範囲が広く、暗記項目も多いうえに聞き慣れない語句や設備名などあり、参考書だけでは暗記しきれない項目が多いが、動画で目と耳からインプットしていくことで着実に実力をつけていくことができた。特に、改正となった民法においては丁寧に動画で解説しており、内容理解が早くできたと感じた。ひとおおり動画を視聴した後、問題集を駆使して繰り返し動画とテキストで確認して苦手分野をなくしていくことが大事であったと思う。

動画講座はスマホでいつでも見ることができ、1回あたり30分程度に収められていて、それが、さらに数回分に分けられて収録されているので、10分程度電車に乗る間だけでも、1テーマ学習できるように考えられており、わずかな空き時間を有効に活用できます。

1日30分くらいしか勉強時間が確保できなくても、早くから取り掛かれば、試験までには1通り基礎学力が備わるように考えられていました。

間違えた問題や、理解しづらい問題をチェックしておくと、2回目はその問題だけを解くことができるように構成されているので、やればやるほど、弱点が克服できるつくりになっていました。

スキルアップを目的として共通する資格を検索していたところこの資格を見つけました。

一度管理業務主任者とマンション管理士の試験で落ちているので、スタディングの講座で効率的に学ぼうとしました。それまでは通信教育をしたことがなかったのですが宅建の知識を無駄にしたくなかったので通信教育を探していたところここを見つけました。

内容は学習内容の大枠をつかむのにとても役立ち、ここの講義でしっかりと基礎を定着できたのが合格の秘訣だと思います。過去問題等が充実しており、横断演習が一番よかったです。

試験結果はマンション管理士は不合格、管理業務主任者は合格できましたが、両方とも一回目の試験よりは点数が取れていました。今年はマンション管理士に合格できるように頑張ります!

\無料体験あり/

/登録は簡単3分\

まとめ

スタディングマンション管理士講座の口コミ・評判、特徴や料金について解説しました。短期間かつオンラインで効率的に資格を取得したいのであれば、スタディングがぴったりです。

まずは無料体験を試してみて、本当に自分に合っているのかどうかを確認しましょう。

\無料体験あり/

/登録は簡単3分\

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる