食べチョクレビュー肉編|中島牧場の牛すじ1kgがおすすめ

全国どこにいても新鮮な食材を取り寄せられる人気サービス「食べチョク」。
野菜や肉、魚、果物など、生産者のこだわりが詰まった食材を気軽に楽しめると好評です。

今回は、食べチョクでは5つ星評価の人気生産者である「中島牧場」の”【レシピ付き♪】牛すじ1㎏(250g×4)【新潟県産】をお取り寄せしてみました!

梱包状態や中身、調理方法など、写真付きで詳しくレポートします。

目次

食べチョク肉カテゴリーで人気!中島牧場の牛すじ

中島牧場牛すじ

今回注文してみたのは「中島牧場」の【レシピ付き♪】牛すじ1㎏(250g×4)【新潟県産】です。気になる内容とあわせて、生産者の中島牧場についても解説していきますね。

中島牧場は食べチョク5つ星の生産者


出典:食べチョク

中島牧場は、食べチョクの肉カテゴリーの中でも人気の生産者です。新潟県長岡市で約50年のも間畜産業を営んでいます。
中島牧場は牛すじのほかにもさまざまな種類のお肉を販売中。新鮮でおいしいというレビューが多いうえ、1,000〜2,000円代で購入できる商品も多く、どれも人気です!

また、下処理不要の牛モツとモツ鍋の素のセットや、希少部位のカット済ステーキ肉など、調理しやすい状態で発送される商品が多いのもうれしいポイントです。

食べチョクの【レシピ付き♪】牛すじ1㎏(250g×4)【新潟県産】の中身

中島牧場牛すじ4パック

中島牧場の牛すじは冷凍で配達されます。包装自体はかなり簡易的でした。
ヤマト運輸の紙袋に、写真のような無地のダンボールが入っています。ロゴマークや店名の記載はなくシンプルです。

中島牧場箱の中身

箱を空けてみると以下のものが同封されていました。ただし、保冷剤の同封はないため宅配受取後はすぐに冷凍庫に入れましょう。緩衝材も入っていませんでしたが、冷凍商品なので、そこまで破損を心配しなくても良いかもしれませんね。
中島牧場同封のチラシ類

  • 牛すじ(冷凍)250g×4パック
  • 手書きメッセージカード
  • 下茹で方法のレシピ
  • 牛すじ煮込み&牛スジカレーのレシピ
  • 食べチョクのチラシ

牛の品種は「国産牛・交雑種」で、賞味期限は発送日から1カ月以上です。

【レシピ付き♪】牛すじ1㎏(250g×4)【新潟県産】の料金

【レシピ付き♪】牛すじ1㎏(250g×4)【新潟県産】2,700円(税込/送料別)です。トータルでは、この料金に地域ごとに異なる送料とクール(冷凍)便の220円が追加された金額で購入できますよ。

中島牧場の牛すじが食べチョクで人気の秘訣は?


出典:食べチョク

【レシピ付き♪】牛すじ1㎏(250g×4)【新潟県産】は、公式サイトのレビューを見ても大変好評なことが分かります。投稿者の中にはリピーターもいるほど。中島牧場の牛すじの人気の秘訣を見ていきましょう。

1. 下茹では1回だけ!コリコリで臭みもない

牛すじといえば、下処理が大変なイメージがありますよね。牛すじの下茹で方法としては、何度も茹でてはアクをとり、水洗いする方法がメジャーです。

中島牧場の牛すじは、同封されていたレシピ通りに処理すれば1回目の下茹でで臭みもなくコリコリに茹で上がりました!こちらのレシピはしょうがやネギも不要です。自宅にある調味料と水だけで処理できるのもメリットですね。

詳しい下処理方法は、この記事の後半で紹介しているのでチェックしてみてください。

2. 同封の牛すじ煮込み&牛すじカレーのレシピが絶品

今回、牛すじと同封されているレシピ通りに調理してみたところ「牛すじ煮込み」「牛すじカレー」ともに大変おいしく調理できました!

今回はガスコンロとお鍋を使って煮込みましたが、圧力鍋や自動調理鍋を使えば時間も短縮できますね。ちなみに、シャープヘルシオホットクックは容器に食材を入れてスイッチを押すだけで無水調理ができる優れもの。牛すじの煮込み調理はもちろん、カレーや煮物に大活躍ですよ。

3. 小分けパックなのでいろんな料理に使える

【レシピ付き♪】牛すじ1㎏(250g×4)【新潟県産】は、1kgの牛すじが4パックに分かれています。小分けパックになっていて、冷凍で1カ月以上の保存が可能なので必要な量だけ使えます。1人暮らしや家族が少ない人でも使いやすいですね。

食べチョク中島牧場の牛すじ煮込みと牛すじカレーのレシピ

牛すじカレー

今回は【レシピ付き♪】牛すじ1㎏(250g×4)【新潟県産】を使って、牛すじ煮込みと牛すじカレーを作りました!せっかくなので、下茹でから調理まで同封されていたレシピ通りに作ってみました。

やわらかくするには煮込みに時間がかかりますが、時間をかければ料理が苦手な人でもトロトロの牛すじを堪能できます!

生姜&ネギが不要な牛すじの下茹で方法

中島牧場牛すじ下茹で

牛すじの下茹で方法にはさまざまな方法がありますが、今回は同封されていたレシピ通りに処理してみました。ちなみに私の場合は1kg分を一度に処理しましたが、倍の分量で調理すれば上手くできました!

【牛すじの下茹で方法】
牛すじ下茹で材料

材料

・牛すじ 500g
・水 牛すじが被るくらい
・酒 200mL
・酢 100mLリスト

1. 冷凍の牛すじを流水解凍する。
牛すじ流水解凍
2. 解凍した牛すじの血・汚れをていねいに洗い流す。
洗った牛すじ
2. 牛すじを鍋に入れ、被るくらいの水、酢、酒を入れて蓋をせず茹でる。(弱火〜中火で約30分)
中島牧場牛すじ下茹で
3. 牛すじがやわらかくなったらザルに上げ、流水で軽く洗う。

酢の香りが立ち込め、泡が立ちますがアクを取りつつ煮込んでいくと落ち着きます。

この方法で下処理をするのは初めてでしたが、1回茹でるだけで臭みもなくコリコリに仕上がりました。

牛すじ煮込みの作り方

牛すじ煮込み

調味料を合わせてコトコト煮込むだけで簡単に作れる牛すじ煮込み。基本的に煮込むだけなので、自宅で用事をしながら作れます。私の場合は在宅ワークをしながら煮込みました!

【牛すじ煮込み手順】
牛すじ煮込み材料

材料

・牛すじ 500g
・こんにゃく 1枚
・水 材料が隠れるくらい
・だしの素 小さじ1
★醤油 大さじ3
★砂糖 大さじ3
★酒 大さじ3
★味噌 大さじ2〜3
・ネギ 適量

1. 下茹でした牛すじ・こんにゃくを2cm角に切る。
2. 1と水、だしの素を入れて蓋をして煮込む。(弱火で1時間程度)
牛すじとこんにゃく
3. 2に★の調味料を入れ弱火でさらに煮込む。(1時間程度)
牛すじ煮込み過程
4. ネギをのせて盛り付ければ完成。

居酒屋で出せそうなほどやわらかく仕上がりびっくり!甘辛い味付けはいくらでもごはんが食べられるほどです。つい食べすぎてしまいました。

牛すじカレーの作り方

牛すじカレー

今回のレシピでは、市販のカレールーを使って作ります。少し手の込んだレシピですが、その分レストランのカレーのような仕上がりに驚くこと間違いなし!トロトロの牛すじの旨味が引き立つレシピです。

【牛すじカレー手順】
牛すじカレー材料

材料

・牛すじ 500g
・にんじん 2本
・玉ねぎ 2個
・りんご 1個
・赤ワイン 150mL
★水 使用するカレールーの分量通り
★おろししょうが 大さじ1/2
★おろしにんにく 大さじ1/2
★鶏がらスープの素 大さじ1
★ローリエ 1〜2枚
・カレールー 1箱

1. 玉ねぎ1個とりんご1個をすりおろす。
(フードプロセッサーやミキサーを使えば簡単です。)
すりおろしりんご
2. 残りの玉ねぎ1個はくし切り、にんじんを乱切りにする。
3. 鍋に下茹でした牛すじと1を入れ、赤ワインを入れて漬け込む。
4. 2の野菜を入れて、アルコール分が飛び具材が色づくまでワイン煮にする。(弱火10分ほど)
牛すじカレー煮込み
5. 鍋に★を入れて煮込み、アクが出たらすくう。(中火で20分ほど)
6. しっかり煮込んで野菜もやわらかくなったらルーを入れ、焦げ付かないようにさらに煮込んで完成。(弱火〜中火で10分程度)
牛すじカレー完成

トロトロの牛すじの旨味が溶け出し、いつものカレーとはランク違いの味わいです。子どもが居ないご家庭なら、辛口カレーで大人の味に仕上げるのがおすすめ。とてもおいしくできたのでお友達にも食べてもらったのですが「レストランでも出せるよ!」と大絶賛してもらいました。

中島牧場の牛すじはおうち時間が短い人には不向き

中島牧場の牛すじをおいしく調理するには時間がかかります。流水解凍・下茹で・調理のすべての工程を行うにはトータルで3〜4時間費やす場合も……。ほとんどの工程は「放置」でOKなので手間はかかりませんが、自宅に居る時間が短い人にはおすすめしません。

食べチョクで中島牧場の牛すじ1㎏(250g×4)を取り寄せよう

この記事では【レシピ付き♪】牛すじ1㎏(250g×4)【新潟県産】を紹介しました。レビューのまとめはコチラです。

  • 生産者の中島牧場は食べチョクで人気
  • レシピ通りで誰でもお店のような牛すじ料理が作れる
  • 味は臭みがなくとろとろ
  • 冷凍で1カ月以上の長期保存が可能

ぜひ、「食べチョク」を活用して、新鮮なこだわり食材を取り寄せてみてください!

\ こちらの商品を注文したい方はこちらをクリック! /

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる