【本音で語る】スタディングでITパスポートを取得した私の体験談【評判】

s「スタディングのITパスポート講座って実際どうなの?受講者の生の声を聞きたい」

本記事ではこういった疑問を解決します。

私は2021年2月にスタディングにてITパスポートの講座を受講し、約3ヶ月間でITパスポートの資格を取得しました。その時の体験談や、感じたメリット・デメリットを解説します。

ITパスポートを取得したい方必見です。

目次

スタディングITパスポート講座の概要

スタディングは、KIYOラーニング株式会社が運営するオンライン資格講座です。スタディングでは、ITパスポートを含めた30以上の資格講座を受講できます。

受講料は資格によって異なり、ITパスポートの場合は7,920円です。また講座内容は毎年改定されているので、常に最新の情報と傾向に沿って学習ができます。

そもそもスタディングってどんなサービスなの?という方は、以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事:【体験者は語る】スタディングって正直どう? 【口コミや評判まとめ】

スタディングITパスポート講座の体験談

私がスタディングでITパスポートを取得した際の体験談を、メリット・デメリットとして解説します。

スタディングでITパスポート講座を受講して感じたメリット

スタディングでITパスポート講座を受講して感じたメリットは以下の3つです。

  • ITパスポートの資格を取得できた
  • 自宅ではほとんど学習せずに済んだ
  • 皿洗いや掃除の時間が勉強時間に変わった

ITパスポートの資格を取得できた

まず最大のメリットは、スタディングを使ってITパスポートの資格を取得できた点です。他にどんなメリットがあっても、試験に合格できなければ意味がありませんよね。途中でサボってしまった期間もありましたが、合計3ヶ月間、平均1日1時間程度の学習を継続し、無事ITパスポートを取得できました。

今後もスタディングを使って他の資格を取得しようと考えています。まずは簿記3級から取得したいですね。スタディングでは、30以上の資格講座を受講できます。どの講座も基本的なフォーマットは同じです。一度スタディングでの無駄のない学習に慣れてしまえば、他の資格講座サービスは受けられなくなりますよ。

自宅ではほとんど学習せずに済んだ

私は社会人ですので、受講開始前は「仕事が終わって寝るまでの時間で勉強をするのだろう」と思っていました。しかし実際には、自宅ではほとんど学習していません。自宅で机に座って学習をしたのは、寝る前の15分間くらいです。寝る前は暗記に最適な時間なので、何度も間違えてしまう語句を暗記するための時間にしていました。

自宅ではほとんど学習していないにもかかわらず、私は毎日1時間程度の学習時間を確保していました。スタディングはアプリやウェブで利用できるサービスです。つまりスマホさえあればいつでもどこでも資格対策ができます。私は片道50分程度かけて電車通勤をしています。往復で100分です。この時間を使って資格対策をしていました。

もしあなたが電車通勤をしているのであれば、電車に乗っている間何をしているか、思い出してみてください。寝ているか、スマホでネットサーフィンをしたりSNSをみたり、ゲームをしたりしている方も多いのではないでしょうか。スタディングがあれば、この電車通勤の時間が、有意義な時間に早変わりです。

スタディングは動画教材なので通信容量を使います。月20ギガや10ギガのプランを契約していれば心配不要です。しかし通信容量が月2ギガや5ギガの方は、電車通勤で毎日講義動画を見ていたら、通信容量を使い果たしてしまうはずです。

しかしスタディングには、動画のダウンロード機能があります。事前にWi-Fiがある自宅などで動画をダウンロードしておけば、外でも通信容量を使うことなく講義動画を視聴できます。私は寝る前に「明日はこの単元を学習しよう」と計画を立て、該当する箇所の講義動画をWi-Fiがある環境で事前にダウンロードしていました。

皿洗いや掃除の時間が勉強時間に変わった

スタディングは、音声だけの再生もできます。ワイヤレスイヤホンとスタディングの音声再生を組み合わせれば、自宅で作業をしている時間も、ながら学習の時間に早変わりです。皿洗いや掃除など家事をしている時間、筋トレの時間、ランニングをしている時間など、体は使っていても耳は使っていない時間は、日常生活の中にたくさんあります。

私はこういった時間を、すでに学習を終えた単元の復習に使っていました。新しい単元を学ぶ場合は、ながら学習ではなく集中して学ぶべきです。しかし一度学習したことがある単元なら、ながら学習でも十分です。よくランニングや筋トレをしながら音楽を聴いている人がいます。それと同じ要領で、何か別のことをしながら資格の勉強をしましょう。

忙しい社会人は、確保できる時間が限られています。短い時間であれもこれもこなすには、同時にできることは同時にやるべきです。通勤電車内での学習と、ながら学習を組み合わせることで、机に座ることなくかなりの学習時間を確保できます。

スタディングでITパスポート講座を受講して感じたデメリット

スタディングでITパスポート講座を受講して感じたデメリットは以下の3つです。

  • イメージ画像を調べる手間がかかった
  • SNS機能は対して活用できなかった
  • 2週間ほどサボってしまった

イメージ画像を調べる手間がかかった

 ITパスポートでは、昔のコンピューターや機械の名称も覚えなければなりません。しかしスタディングではこれらの画像が一切収録されていません。説明は画像ではなく文字や図のみで行われます。

百聞は一見に如かずとも言うように、画像があった方がイメージが湧いて覚えやすいですよね。なので私はこういった語句が出るたびに動画の再生を止めて、自分で画像検索をしてイメージを掴んでいました。「自分で調べるという動作自体が暗記につながる」という意見もあるかもしれませんが、毎回自分で調べるのは正直面倒でしたね。

「画像があった方が良い」ということは、スタディング側も把握しているはずです。画像の著作権などの問題で画像が掲載できていないのかもしれません。

SNS機能は対して活用できなかった

スタディングにはSNS機能があります。例えばITパスポートを受講していれば、同じくITパスポートを受講している方の学習内容や悩みに関する投稿が見られるという機能です。

今やSNSは日常生活とは切り離せないほど世の中に浸透しています。Twitter、Facebook、Instagramを一つもやっていないという方は少ないのではないでしょうか。そしてSNSによって多くの時間が無駄になっています。もちろん友人と交流できたりするのですべての時間が無駄だとは言いません。しかし必要以上にSNSをチェックしてしまい、他のことをする時間が奪われている方は多いです。

スタディングのSNS機能には、スタディングの受講者しかいません。よってSNSを無駄な時間ではなく、有意義な時間として活用できます。投稿される内容はITパスポートに関するものだけなので、学習のモチベーションになります。スタディングのようなオンラインでの学習は孤独です。一緒に勉強する仲間はいません。自分一人で学習を進めなければなりません。そんな中同じ目標に向かって頑張っている方のことを知れるのは良いことです。

しかし私は正直なところ、このSNS機能をほとんど使いませんでした。なぜならSNSはあくまで息抜きをするためのものだと感じたからです。通勤電車で資格の勉強をして、家事や筋トレの最中も資格の勉強をして、SNSも資格に関する情報だけと慣れば、息をつく暇がありません。

やる気がない時にモチベーションをくれるという意味では便利でしたが、SNS機能に関しては、向き不向きがあると思います。

2週間ほどサボってしまった

私は約3ヶ月間、1日平均1時間の学習でITパスポートの資格を取得しました。しかし3ヶ月間毎日継続的に学習できていたわけではありません。途中に2週間ほど、全く勉強をしていない時期がありました。

スタディングはオンラインの資格講座です。質の高い講義動画を視聴できるのは良いのですが、いつどのくらい勉強するのかは自分次第です。学校のように「今日はこの単元を勉強する」「ここが宿題です」と決まっているわけではありません。すべて自分で決められるので、やるもやらないも自分次第です。

よって自己管理能力が求められます。私が2週間サボってしまった原因は、やる気に頼っていたからだと思います。最初の方はやる気に満ち溢れていたので、時間がある時は1日3時間くらい勉強していたんですよね。しかしその後やる気がぷつんと切れてしまい、全く勉強する気が起きなくなってしました。

やる気に頼って勉強すると、やる気がない時にその反動が来てしまいます。よって、やる気に頼るのではなく、毎日同じペースで勉強を続けるべきです。「今日はもっと勉強できそう」と思ってもそれを翌日に持ち越すことで、モチベーションを一定にキープできます。

1日だけ3時間勉強するよりも、1週間毎日1時間勉強した方が、合計の学習時間は多くなります。

まとめ

スタディングでのITパスポート取得は、忙しい社会人におすすめです。ITパスポートではITに関して広く浅く学ぶので、日常生活や仕事でITに関する用語が出てきても、困ることは無くなりました。また他のジャンルへの興味も湧いたので、スタディングを使って講座を受講してみようと思います。参考書やスクールで学ぶ時代は終わりです。スタディングでは、いつでもどこでも同じ講師の講義が受けられます。スクールでは高い料金を支払わないと受けられないような、超一流の講師の講義が受けられますよ。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる