【クラウドソーシング活用】LANCERS(ランサーズ)で仕事の外部委託者を見つける方法

テレワーク環境を整備するため、社外から優秀な協力者を見つけたい!」や「社内では対応できない仕事を社外のフリーランスに協力を要請したい!」など、外部委託者を見つけて仕事を遂行したいと考える方はたくさんいるはずです。

しかし、仕事に協力してくれる外部委託者が見つからず、困っているのではないでしょうか。もし、今すぐ協力者を見つけたいのならランサーズの利用をおすすめします。ランサーズなら、今すぐ仕事の発注ができます。

こちらの記事では、評価数600以上、報酬額1000万円以上のランサーズ攻略のプロが仕事の依頼時に押さえておきたいサイトの使い方を徹底的に解説していきます。この記事を読めば、「外部委託者をランサーズで見つける方法」や「手数料を払わずに、外部委託者を見つける方法」がわかりますので、ぜひ一読ください。

目次

ランサーズ上の4つの依頼形式

ランサーズでは、主に4つの依頼形式から仕事を委託します。

【依頼形式一覧】
・プロジェクト式(提案・見積りを集める)
・タスク式(複数人に単純作業をしてもらう)
・求人募集形式(求人への応募を集める)
・制作物コンペ式(実際の制作物を集める)

それぞれの特徴は、次のとおりです。

プロジェクト式(提案・見積りを集める)

プロジェクトの単発依頼は、プロジェクト式で発注を行います。これにより、単発の仕事に対する多くの人の提案が集まります。提案文や納期、仕事完了時の報酬額などから、仕事とぴったりな外部委託者を見つけます。

タスク式(複数人に単純作業をしてもらう)

アンケートやデータ整理などの簡単な仕事は、タスク式で仕事を依頼します。たとえば、簡単な日記ならタスク式で募集をすると良いでしょう。

求人募集形式(求人への応募を集める)

求人掲載により、継続的に労働を行ってくれる人を募集する場合は、求人募集形式を選びます。過去の経歴からぴったりな外部委託者が見つかったら相談してみましょう。

制作物コンペ式(実際の制作物を集める)

デザインの制作物は、制作物コンペ式で募集を行います。募集すると、たくさんの提案がありますので、自社の要望とぴったりなものを採用します。

ランサーズで仕事の外部委託者の募集を行う

今回は、外部委託者に記事作成の仕事を依頼すると想定して、ランサーズの管理画面を操作していきます。手順どおりにすれば、ランサーズで外部委託者を募集できます。ぜひ一緒に操作していきましょう。

クライアント画面へ変更する

ランサーズには、ランサー画面とクライアント画面の2つ表示形式があります。仕事を依頼する場合は、クライアント画面で操作します。クライアント画面の変更は、左サイドバーでできます。

クライアント画面になったら、仕事の依頼を行います。

依頼を投稿(無料)する

画面右上の“依頼を投稿(無料)”をクリックします。すると、下記の提案形式を選べる画面が開きます。

Step. 1の【どんな仕事を依頼したいですか?】には、【ライティング・ネーミング】を選びます。ライティングの記事作成を依頼するため、次に【記事作成・ブログ記事・体験談】が選ばれていることを確認します。

Step. 2の【どのように仕事を頼みたいですか?】では、1対1で金額や計画を相談しながら仕事を進めていくため、【プロジェクト方式】を選びます。ここでは、“プロジェクトの依頼画面に進む”をクリックしてください。

記事作成の依頼内容を記述する

記事作成に関する依頼内容を記述していきます。記述内容が多くて大変な部分かもしれませんが、ポイントを押さえておけば特に難しくはありません。下記は、あくまでも参考例ですので、自社の内容に合わせてください。

【依頼タイトル】IT記事募集:1記事1万円SEOノウハウを3000文字で紹介してください
【依頼のジャンル】IT・通信・インターネット
【依頼の特徴】高単価・スピード重視
【分野】IT・スマホ・アプリ
【記事タイプ】オリジナル記事
【依頼詳細】SEOブログを運営しています。SEOの記事作成を1記事3000文字1万円(手数料別・税別)で募集します。タイトルや構成は、すでに決まっています。提案には、次のことを求めます。

・自己紹介
・実績記事
・最短納期
・SEOに対する知見

経験者からのご応募、お待ちしております。

【記事数】1本
【文字数】1記事あたり3000文字
【記事単価】10000円
【作業範囲】ランサーに相談しながら決めたい
【画像枚数】ランサーに用意してもらう
【画像の入手方法】ランサーに用意してもらう
【募集の締め切り】5日後
【目安予算】1万円
【希望納期】対象日を設定

上記のようにひとつずつ設定していけば、募集手続きを終えることができます。後日、提案がありますので、良い人が見つかったら仕事を依頼してみましょう。

自分から仕事相手を見つける方法

ランサーズでは、仕事の提案者を募集できますが、自分から仕事相手を見つけることもできます。手順は、次のとおりです。

仕事相手を探す

グローバルナビゲーションより“仕事相手を探す”をクリックします。すると、次の画面が開きます。

システム開発者を希望する場合は“エンジニア”、サイト制作は“Webデザイナー・マーケッター”、記事作成は“ライター”を選びます。今回は、ライターのライティングを選びます。この一連の操作によって、ライティングのプロに仕事を依頼できるようになります。

ランサーに相談してみる

検索ボックスに、依頼したい記事に関するキーワードを入れます。

たとえば、IT記事を募集するのなら、“IT”と記述します。そして、検索をかけるとITと関連するランサーが表示されます。あとは、興味のある方を見つけて相談してみましょう。

手数料を払わずに外部委託者を見つける方法

ランサーズを利用するには、仲介手数料を支払う必要があります。仕事の依頼者としては、どうしても手数料の支払いを抑えたいですよね。もし、手数料を節約したいのであれば、SNSで外部委託者を募集することをおすすめします。

ツイッターで募集する

ツイッターは、外部委託者を簡単に募集できる便利なプラットフォームです。しかし、「フォロワーがたくさんいないと無理なのでは?」と思っている方もいるでしょう。確かに、フォロワーがたくさんいて、アカウントに影響力があれば、たくさんの募集が集まりやすいのかもしれません。

しかし、募集の仕方を工夫すれば、フォロワーがゼロでも自社とマッチする外部委託者を見つけられます。

キーワード検索で応募の仕組みを理解する

ツイッターのキーワード検索画面を開いてみましょう。下記のURLより、簡単にアクセスできます。

【キーワード検索】
https://twitter.com/explore

ライター募集と検索ボックスにいれて検索します。すると、案件がたくさんありますね。ライター案件を探している方は、“ライター募集”で検索していますので、ツイート内容に“ライター募集”と入れればフォロワーがゼロでもキーワード検索から多くの人が応募してくれます。

外部委託者に仕事を依頼してみよう

ランサーズの使い方を習得すれば、どのような案件でも外部委託者を簡単に見つけられます。非常に便利なプラットフォームですが、利用時に手数料の支払いが必要となります。

もし、どうしても手数料を支払いたくなければ、ツイッターで募集してみましょう。ツイッターなら手数料の節約はもちろん、興味のある方を見つけたら「お仕事してみませんか?」とDMを送ることで協力者を見つけられます。

↓ ↓ ↓  ランサーズでの副業に興味ある方は、こちらをクリック!  ↓ ↓ ↓

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる