【ランサーズ解説】LANCERSの低単価案件は受注するな?逆に、全力受注すべき理由

ランサーズに掲載されているプロジェクト案件をチェックしていると、「こんなにも単価が低い仕事って、受ける人いるの?」や、「リサーチが大変なわりに報酬が低いな。」と思う事はありませんか。

一般的に、多くのライターは、「低単価の仕事を受注するということは、業界の単価水準を下げるだけ。仕事を受けるべきではない。」といいます。一見すれば、良いことを言っているように見えます。しかし、本当にそうでしょうか?

私は、仕事の経験の少ないライターほど、低単価の仕事を全力で受注すべきだと思っています。なぜ、低単価の仕事を受注するべきなのか、その理由をわかりやすく解説していきます。

目次

ランサーズのライター案件!低単価の基準とは?

ランサーズを始めたばかりの方は、ライター案件で低単価という仕事がどのようなものなのか、基準がわかりづらいと思います。そのため、ランサーズで600以上の仕事実績のあるベテランライターが低単価の基準をご紹介します。ぜひ、ひとつの目安としてお考えください。

1文字1円未満のライター案件は、低単価に該当する

ランサーズのライター案件をチェックする際は、文字単価を必ず計算してください。ライター案件の文字単価は、下記の公式で求められます。

報酬÷文字数=文字単価

たとえば、文字数2000文字で1000円の報酬であれば、文字単価は0.5円と判断できます。このとき、文字単価が1円未満になるものは低単価案件といえるでしょう。多くの方が「1文字0.5円だから低単価案件だな。やめておこう。」と考えて仕事を提案しません。

そもそも、“低単価案件=悪いライター案件”と考えられていますが、本当にそうなのでしょうか。ここで、時給という視点から文字単価を眺めてみましょう。

低単価のライター案件を時給で考えてみる

文字数2000文字で報酬1000円の案件が1時間で完了するとします。この場合、時給で考えれば1時間1000円になります。文字単価0.5円と考えれば、「ライターとしての報酬が低すぎる。」や、「ライターがやるべき仕事ではない。」などと思っていた方も、時給1000円と考えれば、「結構良い案件なのでは?」と思えてきませんか。

地方には、時給800円のパートの仕事がたくさんあります。その中に時給1000円の求人案件が掲載されれば多くの方が応募するでしょう。

ライターとして仕事に慣れれば、1時間2000文字の案件をこなすのは十分に現実的といえます。低単価の仕事と軽く考えるのではなく、時給で1000円を稼げる仕事と考えて受注することをおすすめします。

ランサーズで低単価の仕事を全力受注してみよう!

多くの人が受注したがらない低単価案件ですが、私は仕事の経験が少ない方ほど全力受注すべきだと思います。しかし、なぜ稼ぐ効率の悪い低単価案件を受注すべきなのでしょうか。全力受注すべき理由をご説明します。

ライターの実績を積みやすい

高単価なライター案件を受注する際、間違いなく実績が必要となります。たとえば、ITの仕事をする場合は、クライアントから「IT記事の作成経験はありますか?」と聞かれます。仕事経験がなければ、「作成経験がありません。」としか伝えられません。

しかし、1文字0.5円の低単価案件でも100記事作成すれば、「過去にIT記事を100記事書いた実績があります。」と伝えられます。低単価案件だからこそ、受注しやすいのですから実績を積むという意味でも全力受注しましょう。

専門的な知識がついてくる

ライターという仕事には、リサーチがつきものです。そのため、自然と専門的な知識がついてきます。すると、以前なら1記事1時間かかっていた案件でも30分で納品できるようになります。

なぜなら、たくさんの経験を積むことでリサーチ時間が短くなるからです。リサーチした情報は、メモ帳に残しておきましょう。私は、下記のように情報をまとめて管理しています。

上記は、金融業者の比較表です。融資限度額や貸付利率を簡単に比較できるようになっています。このような情報があれば、「〇〇と比べて□□は、100万円も融資限度額が高い。」と短時間でわかりやすい記事を作成できます。

ランサーズの評価を上げやすい

ランサーズには、受注数というものが表示されており、この数字が低いとクライアントから信用してもらえません。

受注数が少ないとクライアントは「仕事の経験がないから、危険な人では?」や、「ちゃんと納品してくれないのでは?」と考えます。しかし、低単価のライター案件をたくさん受注すれば、ランサーズの受注数をアップできます。

ここで受注数を簡単に上げる裏技をご紹介します。それは、1記事1プロジェクトで進めるという方法です。たとえば、100記事の仕事を受注する場合、100プロジェクトを立ち上げます。そうすれば、作業完了後に受注数を+100にできます。仮に、100記事を1プロジェクトで受注してしまえば、受注数は+1にしかならないため注意が必要です。

しかし、さすがに100記事の仕事で100プロジェクト立ち上げるとクライアントの決済手続きが大変なことになります。そのため、クライアントに「完了した分から納品したいため、100記事を10グループに分けて納品します。10プロジェクト立ち上げても良いですか?」と提案すれば承諾してもらえます。

これで受注数を+10にできますので、アカウントの評価を上げたい方は覚えておきましょう。

ランサーズのプロフィールに高評価を並べられる

ランサーズの低単価案件は、非常に作業内容が簡単なので初心者でも取り組みやすいです。実際に高単価案件と比べて、リサーチが少なく済むケースが多いです。そのため、仕事完了後に「良い仕事をしていただけました。次回もお願いしたいです。」と高評価を受けやすくなります。

ランサーズのプロフィールにある評価一覧ページは、クライアントにチェックされています。仮に低単価の仕事でも高評価がたくさん並んでいれば安心して仕事を依頼してもらいやすくなります。高評価を並べるためにも、次々と低単価の仕事を受注していきましょう。

低単価案件でも仕事をしなければ報酬は0円になる

当たり前の話ですが、仕事をしなければ報酬は発生しません。「1文字1円未満は絶対に受注しない。」と決意しても、手元に1文字1円以上のライター案件がなければ、1円も稼ぐことができません。

もし、手元に仕事がないのなら1文字1円未満の仕事でも次々と受注していきましょう。単価が安くても、ライティングスピードを高めれば、それなりに稼げるはずです。

文字単価が安くてもゴールまでは、全力受注しましょう

あなたは、ライターの仕事に取り組むことで最終的にどれくらい稼ぎたいですか?あと1000万円を稼いでフリーランスとしてゆっくり生きていきたいと考えているのであれば、次のような思考法を取り入れましょう。

目の前の文字単価0.5円の低単価案件は、最終的な報酬が1万円になる。文字単価は0.5円と低いけど、ゴールに1000分の1だけ近づいた。」と考えます。少しでもゴールに近づくということは、自分が理想とする生き方の実現に近づくということです。なんだか心が嬉しくなりませんか?

低単価のライター案件で稼いだ1000万円も、高単価のライター案件で稼いだ1000万円も同じ1000万円であることには変わりありません。ゴールに到達すれば、報酬を気にせずに好きな仕事をすれば良いでしょう。そのような状態に至るためにも、文字単価を気にせずに全力受注していきましょう。

↓ ↓ ↓  ランサーズでの副業に興味ある方は、こちらをクリック!  ↓ ↓ ↓

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる