【ランサーズ攻略】プロジェクトで選ばれる提案文の作り方!LACERSで副業確保するコツを徹底解説!

ランサーズを利用していると「仕事を見つけて提案するものの、全然選ばれない。」や、「ランサーズを早くに始めた人ばかりが選ばれて、実績のない自分は採用される気配がない。」というお話をよくお伺いします。

多くの場合、仕事を依頼するのならば、確かな実績と経験のある人に依頼したいというのが本音でしょう。では、長年の実績がなければランサーズで仕事を受注することはできないのでしょうか。

そんなことはありません。提案文の書き方を工夫すれば、十分に選ばれる可能性を高めることができます。しかし、その提案文はどのように書けば良いのでしょうか。この記事では、ランサーズのプロジェクトで選ばれる提案文の具体的な書き方についてご紹介します。今回は、特別に私の提案文もご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

目次

ランサーズの提案文で採用の9割が決まる

ハッキリと申し上げると、ランサーズの提案文の書き方が悪い方は、いつまでたっても採用されません。採用されるか否かは、“提案文で9割決まる”といっても過言ではないでしょう。

提案文を見れば、その仕事に対するやる気がわかります。実績や経験が乏しい人ほど、自信のなさや直観力の低さから短くシンプルな提案文を送ってしまいます。これでは、クライアントに一緒に仕事をしたいとは思ってもらえません。では、提案文では、どのようなポイントを押さえるべきなのでしょうか。

プロジェクトで選ばれる提案文の3つのポイント

提案文を書いた経験がなくても3つのポイントを押さえれば、だれでも簡単にプロジェクトで選ばれる提案文を作成できます。それでは、3つのポイントを押さえて提案文を作ってみましょう。

【ポイント1】わかりやすい構成で作成する

提案文を作成する際は、しっかりと構成を意識してください。たとえば、「自分は、経験者です。しっかり頑張ります。連絡は、メールで大丈夫です。」では、クライアントが読む気をなくしてしまいます。

では、下記のように構成が意識されていたら読みやすいと思いませんか。

■自己紹介
IT企業で10年のライター経験あり。
■実績
メディア運営で月間1万アクセス達成。
■得意分野
投資、IT、クレジットカード案件が得意です。
■連絡手段
メール・Line・電話

ちょっとしたポイントですが、書き方を工夫するだけで「簡単な仕事から頼んでみようかな?」となりませんか。

提案文は相手に読んでもらうこと、書き手(あなた)の思いが伝わることが重要です。

そのため、書き終わったら“わかりやすいか”という点で見直してみましょう

【ポイント2】依頼文に対するオリジナルの提案

多くの人が提案文のテンプレートを作成して、多数のプロジェクトで使いまわしています。それでは、採用される確率が下がってしまいます。この問題を防ぐには、依頼文に対するオリジナルの提案が大切です。

たとえば、依頼文に「ITシステムの設計コラムを作成してください。」と書いてあったら、「システムエンジニアとして設計に10年携わっていたため、専門的なコラムが書けます。」という一文を提案文に加えます。これで、一気に採用率が上がります。

自己紹介や実績紹介は使いまわしでも問題ありませんが、相手が求めるポイントを押さえて追記していくことが重要です。

【ポイント3】結果につながることを宣言する

プロジェクトでは結果が求められます。たとえば、「アクセスを増やす」ことや、「成約率を上げる」などです。依頼文を見て、どのような結果が求められているかを把握します。何を求めているかがわかったら、提案文で結果につながることを宣言します。

「検索上位に上がる記事が書けます。」や「売り上げの上がる記事が書けます。」など、依頼者から見てこの人に依頼したら結果につながりそう。」と思ってもらえることを書くと採用されやすくなります。もちろん、宣言する以上は、最大限の努力で対応しなければいけません

【実例】プロジェクトで使用中の提案文をご紹介!

3つのポイントを意識した提案文をご紹介します。私がプロジェクトの提案に使っているものなので、ぜひ参考にしてください。

【サンプル】

お世話になります。

はじめまして、〇〇と申します。

私は、検索順位に強く、成約に繋がる記事作成が可能なライターです。

「売上に繋がるメディアを立ち上げたい」「お問い合わせに繋がる記事を作成したい」など、メディアの記事作成でお困りなら、私にご相談ください。

[自己紹介]
【Lancers of the year2017の受賞候補者】に選ばれる
ランサーズでライターとして活動して4ヶ月でTOP100以内にランクインし、取材を受けた経験があります。

その後、質の高い依頼と経験を積み、ライティングカテゴリにおいて10位にランクインすることができました。お客様から信頼を得て、継続的に仕事を受注させていただいた、信頼の証だと思っております。

●すでに実績数も300をこえております。

私自身、ライティング経験を利用し、年間数百万円を独自で稼いだ実績があります。(この経験が多くのクライアントから喜ばれています。)

しっかりとライバルリサーチを行い、キーワードを抽出させていただき、検索ユーザーのニーズにあったものを、記事作成させていただきます。

■実績■
①業界最大のシャアを誇る特定キーワードで検索1ページ目を獲得
②広告マーケティング系のキーワードで複数回検索1ページ目を獲得

取引先の方も「社長が喜んでいる。」とおっしゃっていたので、真実です。
ただ文章が書けるライターではなく、成約が出るライターをお探しなら、お仕事をさせていただきます。

■過去の納品参考例■
【直近の記事です。】
↓担当した掲載サイトです。

借金問題・債務整理に強い!無料で相談できる弁護士事務所!
〇〇〇〇
↓ライティング済みのファイルです
【効果絶大】Googleマップ検索で30%のユーザーを店舗集客する方法!
〇〇〇〇
意外と知られていない!?ファクタリングとは?
〇〇〇〇

このような記事を納品できます。
固い口調や、話口調などあなたの希望に合わせて執筆します。

■コミュニケーション能力・応対力■
1日に何度も、仕事メールをチェックしていますので、素早い対応ができます。ちょっとした、急な依頼でも柔軟に対応できますし、高品質で高速納品することが得意です。

≪今回の仕事の意気込み≫
御社の依頼文、読ませていただきました。
キーワードを確実に押さることで、上位表示できると感じます。

あなたのメディアを支援するためコンテンツライターとして全力で仕事に取り組みます。

確実に執筆したいと思い、提案させていただいておりますので、採用よろしくお願いいたします。

対応に関しては、メール、チャット、LINE、電話、スカイプなど、希望をいただいたもので、しっかりとした対応をさせていただきますので、採用お願い致します。

失礼致します。

〇〇

このように、自己紹介意外にも実績を占めることで、相手の信頼を勝ち取るとともに、仕事を依頼した場合の完成形をイメージしてもらうことができます。

皆さんも良いイメージを持った方と仕事をしたいと思います。

提案文は依頼者に対して、良いイメージを持ってもらう、唯一のチャンスと言っても過言ではありません。

実績がないので提案文が書けない方へ

上記の実績を見て、自分には実績がないから提案文が書けないと思ったかもしれません。しかし、これくらいの提案文を書かなければ、なかなか採用してもらうことはできません。選ばれる提案文を書くには、どんな小さな仕事でも積み重ねることです。

何年も同じ仕事をしていれば、自然と周りと差別化された提案文が書けるようになります。今回は、特別に提案文を公開しておりますので、ぜひ自分の提案文に利用できそうなところがあれば参考にしてください。

↓ ↓ ↓  ランサーズでの副業に興味ある方は、こちらをクリック!  ↓ ↓ ↓

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる