資金調達の新たな方法!クラウドファンディングのメリットとデメリット

資金調達は様々な方法で実施しますが、最近になって導入されつつあるのが「クラウドファンディング」です。クラウドファンディングを利用することで、興味を持っている人から資金を得られると同時に、思い描いているサービスが現実のものとなる可能性が高まります。

ここでは、クラウドファンディングで資金を調達する際のメリットとデメリットについて紹介します。これからクラウドファンディングで資金調達を希望する場合は、どのようなメリットがあるのか、そしてデメリットによって何が問題となるのか把握しておくといいでしょう。

目次

クラウドファンディングのメリット

クラウドファンディングのメリットは以下の通りです。

・個人から資金調達が可能

・返済の義務がない

・宣伝の効果もある

・企業の経営状況が影響しない

・大規模な資金調達似も使える

資金調達を気軽に行えるメリットもありますが、クラウドファンディングによって事業を知ってもらえるきっかけとなるのが非常に大きなポイントと言えます。

ここからは、クラウドファンディングを利用するメリットについて、詳しく説明します。

個人から資金調達が可能

クラウドファンディングは、事業者がクラウドファンディングサイトを通じて、個人からお金を投資してもらう方法を採用します。そのため、他の資金調達ではできない、一般の個人から投資してもらえるメリットがあります。

企業の経営状況によっては、銀行からの融資を受けられない場合もあります。たとえば、起業したばかりで信用の蓄積がなく、銀行側が信用不足と判断するなどの理由で、融資額が限定される場合もあります。しかし、クラウドファンディングであれば、興味を持っている個人から多くの資金を提供してもらえる可能性があります。

また、資金調達の際、どのようなサービスに利用するか説明することで、興味を持ってもらえるケースもあります。興味のあるコンテンツに対して融資をしてくれる個人はそれなりにいるため、納得のできる説明等ができれば個人から大量の資金を提供してもらえるのです。

資金調達に苦しんでいる企業を助けるために、そして資金調達によって望んでいたサービスを提供するために、個人から多くの資金調達ができるのはクラウドファンディングのメリットです。

返済の義務がない

クラウドファンディングは、お金を返済しなくても利用できます。

クラウドファンディングというのは、個人が資金を一方的に提供する方法が採用されています。クラウドファンディングによって事業が成功した場合でも、資金の返済は必要ありません。返済に苦しむなどのデメリットがなく、安心して資金調達ができます。

ただ、クラウドファンディングの返礼品を準備する必要があります。返礼品を渡さずにクラウドファンディングを実施する方法はありません。必ずクラウドファンディングを実施する際は、返礼品をどのように設定しておくか、しっかりと確認しておきましょう。

返済しなくてもいいクラウドファンディングですが、返礼品次第では多くの利用者が返礼品目当てで出資してくれ可能性があります。多くの資金調達のためには、返礼品や目的などをしっかり示して、多くの個人に見てもらえる状況を作ったほうがいいのです。

宣伝の効果もある

クラウドファンディングというのは、宣伝のために利用するケースもあります。

クラウドファンディングサイトを経由して、企業が提供したいと思っているサービスを宣伝できるのです。宣伝する媒体を持っていない企業にとって、資金調達と一緒に企業のサービスを宣伝できるのは大きなメリットとなります。宣伝によって、企業の知名度を高めると同時に、サービスの実現に近づけるようになります。

多くのユーザーに宣伝していくことで、クラウドファンディングと一緒に企業を知ってもらい、その後の付き合いという部分まで考えられるのがメリットとなります。特に個人向けにサービスを提供している企業であれば、宣伝したサービスを継続的に利用してもらうことで、更なる収益アップも図れるようになります。

企業の経営状況が影響しない

企業の経営状況に関係なく、クラウドファンディングは利用できます。

クラウドファンディングは、企業が赤字経営を続けている場合でも、返礼品等の準備ができれば利用可能です。また、起業したばかりで、資金調達の方法が見つからずに困っている企業なども、クラウドファンディングのルールを守れば利用可能となります。

こうしたどのような企業でも利用できるという点は、クラウドファンディングが持つ大きなメリットの1つです。これまで資金調達に苦労していた企業が、簡単に資金を調達できるようになるほか、新規事業に使える資金をユーザーから引き出せるなど、様々な企業が恩恵を受けることとなります。

ただ、どのような場合でも、ユーザーが興味を持ってもらえるコンテンツを提供しない限り、資金調達にはつながらない点に注意してください。とにかく興味を持ってもらえるコンテンツがクラウドファンディングで重要となります。

大規模な資金調達も可能

クラウドファンディングは、希望する金額を事業者側が設定できます。このルールにより、大規模な資金調達が可能となっています。

少額のクラウドファンディングも可能ですが、大きな事業を展開する、または多額の資金を必要としているサービスを提供するためには、多くの資金調達が必要です。そのためには、クラウドファンディングを活用して、少しでも多くの資金を確保しなければなりません。

クラウドファンディングの場合、サイト側が設定している上限までであれば、自由に資金額を調整できるメリットがあります。ただ、サイトによって上限は異なりますので、しっかりとクラウドファンディングサイトを比較し、希望している資金に到達できるように申し込まなければなりません。

クラウドファンディングのデメリット

クラウドファンディングはメリットも多いサービスですが、デメリットもあります。

・希望額に到達しないケースがある

・返礼品の準備が必要

・資金が振り込まれるまでに時間がかかる

特に短期の資金調達が期待できない点は大きなデメリットとなるでしょう。

ここからは、クラウドファンディングのデメリットについて詳しく説明します。

希望額に到達しないケースがある

クラウドファンディングのデメリットとして最も大きなものは、希望額に到達しない可能性がある点です。

目的としていた資金に対して興味を持ってもらえず、資金を出してくれるユーザーがほとんどいなかった場合、希望額に全く届かない金額しか受け取れません。こうしたケースは大きな企業でも発生しており、全く興味を持ってもらえないコンテンツに対しては、クラウドファンディングの投資がほとんど発生しないのです。

希望額に到達しなかった場合でも、クラウドファンディングサイトを通じて資金調達は行えます。ただ、資金を提供してもらえると言っても、得られた金額では事業を開始できない、またはサービスを提供するのが難しい可能性もあり、今後に繋がらないケースも存在するのです。

クラウドファンディングを利用する場合は、確実に目標額に到達するための準備が必要不可欠です。目標額に到達させるために情報を明確に発信するほか、ネットユーザーが興味を持ってもらえるコンテンツを紹介するなど、少しでも投資に繋げられる計画を作る必要があります。

返礼品の準備が必要

クラウドファンディングは無料では利用できません。必ず利用者に対して返礼品を提供しなければなりません

クラウドファンディングによる資金調達の場合、個人からお金を受け取る代わりに返礼品として何かを提供することとなります。この返礼品ですが、基本的に自社が提供するサービス、またはクラウドファンディングの対象となっている商品を渡すこととなります。金券等は提供できません

返礼品については、自社で準備する必要があります。準備がしっかりできていなかった場合は、クラウドファンディングの資金がどれだけ集まっても、返礼品を提供できないトラブルが発生します。トラブル解決までは資金を提供してもらえないケースもあるため、必ず返礼品を渡す準備はしておきましょう。

また、この返礼品がクラウドファンディングを左右するといっても過言ではありません。返礼品があまり興味を持たれないものだと投資は期待できなくなります。少しでもお金を提供してもらうためには、興味を持たれる返礼品をしっかり準備しましょう。

資金が振り込まれるまでに時間がかかる

クラウドファンディングの目標額に到達した場合でも、資金が振り込まれるまでにはかなりの時間がかかることが多いです。

クラウドファンディングは、サイト側が金額をまとめて提供するルールを採用していますが、このとりまとめに時間がかかってしまい、短時間で振り込まれる可能性はほぼありません。そのため、短期の資金調達には使えないというデメリットがあります。

また、サイトによって振り込まれるまでの時間がバラバラで、場合によっては振込までにかなりの時間がかかってしまう場合もあるなど、目安としていた期間でさえ資金を受け取れない場合があります。余裕を持ってクラウドファンディングを利用するなどの対策が必要です。

まとめ

クラウドファンディングというのは、メリットとデメリットを持つ方法です。気軽に資金調達ができるメリットは持っているものの、その代償として目標額に到達しなかった場合のデメリットがかなり大きくなっており、確実に目標額に到達させる必要があります。

コンテンツによって、クラウドファンディングへ投資されるかどうかは大きく変わります。ネット上で興味を持ってもらえるコンテンツなどをベースとして、少しでも資金調達に繋がる話題性のあるサービスで利用していくといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる