クラウドファンディングのCampfireとは?メリットとデメリットを解説

Campfireは、クラウドファンディング業界で知名度を上昇させつつあるサイトです。大きな資金調達に繋げている事例もあるなど、徐々にクラウドファンディング業界でも利用者が増えており、豊富なジャンルを扱っているメリットもあります。

この記事では、Campfireについて説明します。また、Campfireのメリットやデメリットを紹介します。これからCampfireを利用する場合は、どのようなサイトかしっかりと理解してから利用するように心がけましょう。

目次

Campfireとは?

Campfireは、日本のクラウドファンディング黎明期を支え、今でもトップクラスの知名度を誇っているサイトです。東日本大震災の際に、クラウドファンディングによる支えを模索する動きが加速した時、Campfireを利用するという動きが高まりました。その流れを今でも生かし、多くの企業に利用されています。

また、オウンドメディアを活用して情報発信をしているサイトでもあります。他のクラウドファンディングでは採用されていない、自社による情報発信という手法を採用することで、色々なクラウドファンディングを伝えられるようになっています。

他にも様々なサイトを展開し、クラウドファンディング以外にも活動の幅を広げています。

Campfireのメリットは?

Campfireのメリットは以下の通りです。

・高い信頼性

・豊富な利用者

・サポート体制の充実

これらのメリットがあります。高い信頼性に加えて、サポート体制の充実を図っているCampfireは、クラウドファンディングを希望する企業側にとって大きなメリットがあります。

ここからは、Campfireのメリットについて詳しく説明します。

高い信頼性

Campfireは高い信頼性を持っています。

クラウドファンディングのサイトでは、案件を掲載してもいいのか審査が行われています。この審査をほとんど行わないまま掲載している悪質なサイトもあるのですが、Campfireでは審査によって問題のない案件だけが掲載されています。

クラウドファンディングへ出資する側も、悪質な案件への出資をしなくてもいいメリットがあるため、安心してクラウドファンディングを利用できます。また、企業側にとってもCampfireへ掲載することは、クラウドファンディングの信頼性確保に繋がります。信頼できるサイトというのがCampfire最大のメリットと言えます。

豊富な利用者

2011年からサービスを提供するCampfireは、豊富な利用者を持っているサイトです。

企業側も多くの案件を展開していますし、投資する側も様々な人がサイトをチェックし、いいと思った案件に投資しています。Campfireでクラウドファンディングを利用している人が多い点は、知名度の低い企業でも資金調達ができるメリットに繋がります。

また、利用する人が多いというのは、大きな資金調達が必要な案件も利用できるメリットがあります。多くの人から出資を受ければ、大掛かりな案件でも目標額に到達する可能性があります。

サポート体制の充実

Campfireは、サポート体制が充実しています。

何か問題が起きたときは、Campfireのサポートへ連絡すれば対応してもらえます。また、投資する側もサポートを受けられるため、困ったときはすぐに連絡すれば問題が解決します。

サポート体制の充実は、クラウドファンディングを利用する上で非常に重要なポイントです。安心できるサポートを展開しているCampfireであれば、企業側も出資側も安心してクラウドファンディングを使えるでしょう。

Campfireのデメリットは?

Campfireにはメリットもありますが、デメリットもあります。

代表的なデメリットとしては、多くの人が利用しているためサポートが遅れる可能性がある点です。多くの問い合わせを受けている時期だと、Campfireのサポートが対応できなくなり、問い合わせの返信に多くの時間がかかります。場合によっては1週間を超えるケースもあります。

また、案件が多数掲載されているため、あまり興味を持たれない案件ではクラウドファンディングが成立しない場合もあります。企業側としては、Campfireで多くの人に見てもらえるような企画や案件を考えておかないと、クラウドファンディングで目標額を狙えない恐れも出ているのです。

まとめ

Campfireはクラウドファンディングの中でも高い知名度を持っている他、サポートやサイトの信頼性を確保している安心感があります。クラウドファンディングを始めて利用する人には、安心して使えるというメリットがあるため、初心者でもおすすめです。

大量の案件に加えて、豊富なジャンルのクラウドファンディングが展開されているため、なかなか見られないジャンルへ投資できる場合もあります。様々な案件で資金調達ができる点は、企業側にとっても使いやすいメリットに繋がるでしょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる