TOEIC初心者におすすめの単語帳5選と選び方を解説

TOEIC対策を始める際に、初心者がまず手をつけるべきなのが単語です。しかし単語帳は数多く出版されており、TOEIC初心者の方にとっては、どの単語帳を選べばいいのか分かりません。

そこで本記事では、TOEIC初心者におすすめの単語帳を5つ紹介します。記事を最後までチェックすれば、あなたにぴったりの単語帳が見つかりますよ。

またただ単語帳を紹介するだけではなく、単語帳の選び方や使い方についても解説しています。

目次

初心者のTOEIC対策は単語学習から始まる!

TOEICで高得点を取得するためにやるべきことはいくつもあります。単語・文法・パート別対策・実践問題演習・リスニング対策・速読など、挙げればキリがありません。

しかしTOEIC初心者がまず取り組むべきなのは、単語学習です。先ほど挙げたいくつかの学習方法の中で、単語学習が最もTOEICスコアに直結します。

TOEICに必要な語彙力さえ身につけてしまえば、それだけでTOEIC600点を取得することも十分可能です。TOEIC600点は、TOEIC初心者がまず最初に目標にするTOEICスコアですよね。

TOEICはマークシート式の試験です。つまりゼロから答えを考えるのではなく、選択肢の中から最も正しいと思えるものを選びます。つまり単語さえ分かって大まかな意味を掴むことができれば、正解を導きやすくなります。

TOEICに必要な単語は、それほど難しくはありません。TOEICに必要なのは、中学高校の英単語に加えて、TOEIC頻出の単語です。

本記事で紹介する単語帳を1冊購入するだけで、十分カバーできますよ。単語、文法、速読と、あれこれ手を出すとどっちつかずになります。まずは単語一点集中でTOEIC対策をしましょう。

初心者が知っておくべきTOEIC単語帳の選び方

TOEICの単語帳を選ぶ際は、以下3つの点を意識しましょう。

  • 自分のレベルにあった単語帳を選ぶ
  • リスニング音声がついている単語帳を選ぶ
  • 最後は直感でこれだと思った単語帳を選ぶ

自分のレベルにあった単語帳を選ぶ

TOEICの単語帳を購入する際は、自分のレベルにあった単語帳を購入しましょう。TOEICは990点満点の試験です。TOEIC600点を目指すのか、TOEIC900点を目指すのかによって、覚えるべき単語が異なります。

TOEIC600点を目指すのであれば、基礎的な単語と頻出単語だけで十分です。一方TOEIC900点を目指すのであれば、難易度の高い単語まで学習しなければなりません。

TOEICでは、目標スコアや初心者向け・中級者向けのような形で単語帳が作られています。TOEIC初心者の方が、TOEIC900点を目指す方向けや中級者向けの単語帳を購入する必要はありません。

自分のレベルに合った単語帳を購入しましょう。初心者向けの単語帳を一通り覚え終わってから、さらに上のレベルの単語帳を購入すればいいだけです。

リスニング音声がついている単語帳を選ぶ

TOEIC単語帳を購入する際は、リスニング音声がついている単語帳を選びましょう。TOEIC単語帳で得られるのは語彙力だけではありません。

付属の音声を活用することで、TOEICのリスニング対策もできます。収録されている音声の内容は、単語帳によって異なります。単語の音声だけを収録している単語帳もあれば、例文の音声まで収録している単語帳もあります。

もちろん例文の音声まで収録している単語帳の方がいいですが、例文の音声まで収録している単語帳は稀です。よって、TOEIC単語帳を購入する際は、ひとまず音声が収録されているかどうかだけ確認しましょう。

基本的にはどの単語帳も音声が収録されていますが、古い単語帳に関しては、収録されていないものもあるので注意が必要です。本記事で紹介する単語帳は全て音声付きなのでご安心ください。

またCDを使って音声を聞くタイプと、urlやQRコードからサイトにアクセスして音声を聞くタイプがあります。人によりますが、どちらかと言えば後者の方が便利だと思います。こちらもよっぽど昔に発売された単語帳でなければ、urlやQRコードからサイトにアクセスして音声をダウンロードできるようになっているのでご安心ください。

最後は直感でこれだと思った単語帳を選ぶ

TOEIC単語帳を選ぶ際に、最後に頼りになるのは直感です。TOEICの単語帳は数え切れないほどたくさん出版されています。つまりこれまで紹介した「自分のレベルに合う単語帳」かつ「リスニング音声がついている単語帳」は何冊も存在します。上記2つの条件だけでは単語帳を1冊に絞り込むことはできません。

「自分のレベルに合う単語帳」かつ「リスニング音声がついている単語帳」に当てはまっていれば、最後はデザインや構成などを見て、自分が一番気に入った単語帳を購入しましょう。

人に言われるがままに購入した単語帳よりも、最後は自分で選んだ単語帳の方が、愛着が湧きますし、勉強も捗りますよ。

TOEIC初心者におすすめの単語帳5選

TOEIC初心者におすすめの単語帳は以下の5冊です。

  • 新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ
  • 世界一わかりやすい TOEICテストの英単語
  • TOEICテスト やたらと出る英単語 クイックマスター
  • 新TOEIC TEST 出る順で学ぶ ボキャブラリー990
  • TOEIC TEST英単語出るとこだけ!

新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ

価格:979円

金のフレーズは、TOEIC頻出単語を収録した単語帳です。初心者から中級者まで使える単語帳です。

金のフレーズは、TOEIC単語帳の中で最も人気のある単語帳と言っても過言ではありません。またTOEIC参考書の中で人気シリーズである「特急シリーズ」の1冊です。

金のフレーズでは、著者のTEX加藤氏がTOEICを受験する中で気づいた、TIPSやテクニックについても細かく記載されています。TOEICに有利な情報をたくさん知れるので初心者の方におすすめです。

また他の単語帳よりもコンパクトなポケットサイズとなっており、持ち運びにも便利です。

世界一わかりやすい TOEICテストの英単語

価格:1,650円

世界一わかりやすいTOEICテストの英単語は、「世界一わかりやすい」シリーズの一冊です。「世界一わかりやすい」シリーズでは、TOEIC初心者向けに単語帳や文法書などを出版しています。

著者は関正生氏で、スタディサプリTOEIC対策コースの講師としても知られています。関正生氏の講義はその分かりやすさから「神授業」と呼ばれています。

世界一わかりやすいTOEICテストの英単語では、単語を丸暗記する必要がありません。全ての単語にコメントがついており、単語のイメージや使い方、テストではどのように出題されるのかなどについて解説されています。

重要な単語から順番に並んでいるので、できるところまで学習してTOEIC本番に臨みましょう。

TOEICテスト やたらと出る英単語 クイックマスター

価格:1,430円

TOEICテスト やたらと出る英単語 クイックマスターは、TOEIC頻出単語を例文で覚えられる単語帳です。TOEIC頻出単語600語を、200の例文で覚えます。

他のTOEIC単語帳では、1つの単語につき、1つの例文がついています。例文は簡易的なもので、例文もチェックした方がいいと分かっていても、面倒だからと例文を無視してしまう方が多いです。

しかしTOEICテスト やたらと出る英単語 クイックマスターでは、1つの例文に3つのTOEIC頻出単語が登場します。単語を文章と一緒に覚えられるので、実践でも役立ちます。

TOEICパート5・6対策にもおすすめです。

新TOEIC TEST 出る順で学ぶ ボキャブラリー990

価格:1,760円

新TOEIC TEST 出る順で学ぶ ボキャブラリー990は、これまでに10万部以上を売り上げた単語帳です。TOEIC頻出の単語を990単語収録しています。

1000語近い単語を収録している単語帳は稀です。よって、単語帳を何度も買いなおしたくない方や、単語学習に自信があって、たくさん単語を覚えたい方にはおすすめの1冊です。

出る順に単語が並んでいるので、TOEIC600点を取得するまでは最初の500単語までを重点的に学んで、600点を達成してから残りの単語も学習するのがおすすめです。

2009年出版の単語帳ということもあり、音声がダウンロードではなくCDである点がデメリットです。

created by Rinker
講談社
¥1,760 (2021/12/06 14:43:40時点 Amazon調べ-詳細)

TOEIC TEST英単語出るとこだけ!

価格:1,980円

TOEIC TEST英単語出るとこだけ!は、TOEIC頻出単語910単語を習得した単語帳です。内訳は、基礎単語280語と重要後630語です。

まずは基礎単語280語を重点的に学習して、短期間でTOEICスコア100点アップを目指します。

TOEIC TEST英単語出るとこだけ!では、TOEICのパートごとに単語を収録しています。よってすでに苦手なパートが分かっている方は、苦手なパートの単語から重点的に対策すると良いでしょう。

単語帳を購入した後はどうする?TOEIC単語帳の使い方を紹介

自分にあったTOEICの単語帳を購入さえすれば終わりではありません。むしろ購入した後にどのように単語帳を使いこなすかが大切です。

TOEICの単語帳を購入した後は、以下5つの使い方を意識して単語学習を行うといいですよ。

  • 和訳だけ覚える
  • できれば1日1周する
  • スキマ時間メインで学習する
  • 移動中は音声を聞いてリスニング学習をする
  • どんどん書き込んで自分だけの単語帳にする

和訳だけ覚える

単語帳を使ってTOEIC対策をする際は、和訳だけ覚えましょう。英訳は覚える必要はありません。なぜならTOEICでは英訳は一切必要ないからです。

TOEICでは英語の音声を聞いて、英語の文章を読み、それらを日本語に和訳します。日本語を聞いたり読んだりしてそれを英語に直す必要はありません。

もちろん英語を習得したいのであれば、英訳も和訳も必要です。しかしTOEICのスコアを最短ルートで伸ばすことだけを考えるのであれば、和訳に絞って学習しましょう。

つまりTOEICの単語帳を使って学習をする際は、和訳部分を赤シートで隠すなどして、英語を見て日本語の意味が出てくるかどうかだけを確認しましょう。

できれば1日1周する

TOEICの単語帳には、数百単語が収録されています。TOEIC初心者の方や英語初心者の方の中には、毎日10単語や20単語ずつ覚えようと考える方もいるのではないでしょうか?

しかしその方法はおすすめできません。なぜなら毎日20単語覚えられたとしても、数日経てば最初に覚えた20単語は忘れてしまっているからです。一度覚えた単語を忘れないためには反復が必要です。何度も繰り返し同じ単語に目を通すことで、覚えた単語を忘れなくなります。

TOEIC単語を効率的に覚えたいのであれば、1日1周、単語帳に目を通しましょう。1つの単語に何分も時間をかけていれば、時間がいくらあっても足りません。フラッシュカードのような形で、1単語数秒でどんどん単語帳をめくっていくべきです。

1日で20単語覚えるのではなく、10日間かけてじっくり200単語を覚えるという感覚です。最初の方が全く単語を覚えられないかもしれませんが、次第に「あ、この単語は昨日も見たことがあるな」と単語を覚えられますよ。

スキマ時間メインで学習する

TOEICの単語は、スキマ時間を使って学習しましょう。スキマ時間とは、電車で移動中の時間や仕事の休憩時間、テレビCMのような時間のことです。本来勉強時間にならないような細切れの時間をスキマ時間として有効活用します。

単語帳は他の参考書と比べても持ち運びがしやすいです。また少しの時間があればいくつかの単語は確認できます。よってスキマ時間を使った学習との相性がいいです。

TOEICの単語学習はスキマ時間を活用し、それ以外の時間には単語学習をするべきではありません。なぜならTOEICには単語学習以外にもやるべきことがたくさんあるからです。スキマ時間に単語学習をして、仕事が終わって帰宅した後も単語学習をしていては、他の学習に全く手がつきません。

単語学習はスキマ時間で終わらせてしまいましょう。

移動中は音声を聞いてリスニング学習をする

TOEICの単語帳を使いこなす上で大切なのが音声です。TOEICの単語帳にはリスニング音声がついていますが、リスニング音声をうまく使いこなせていない方が多いです。

単語帳は購入したけど、ただ単語帳を使って学習するだけで音声は一度も使ったことがないという方も多いのではないでしょうか?

音声学習は、移動中でもできます。音声にスマホなどの端末からアクセスし、移動中に単語学習をしましょう。「少しやりすぎでは?」と思う方もいるかもしれませんが、特に時間がない社会人の方にはおすすめの勉強方法です。

電車などの移動中でもいいですし、ランニング中や散歩中、家事の時間にも、リスニング学習はできます。スキマ時間の中でも手が空いていない時間は、リスニング学習の時間に充ててみるといいですよ。

どんどん書き込んで自分だけの単語帳にする

単語帳にはどんどん書き込みをしましょう。何度も間違えてしまう単語には印をつけたり、類義語を書き足したりしましょう。そうすることで自分だけの単語帳が完成します。

単語帳を書き込みを一切行わずに、綺麗に使おうとする方がいますが、それはおすすめできません。

書き込みをすることで、効率的に単語を覚えられますし、単語帳に愛着が湧いて、学習意欲にもつながりますよ。

まとめ

初心者向けのTOEICおすすめ単語帳を5冊紹介しました。TOEIC初心者の方は、初心者向けの単語帳で、リスニング音声がついているものを選びましょう。

またただTOEIC単語帳を購入して満足するだけではなく、単語帳をどうやって活用するのかも意識してください。

単語はTOEIC立つ初心者のカギです。単語を制するものはTOEICを制す。早速本日からTOEICの単語を学習してみましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる