日本人と外国人講師がレッスン!マンツーマンオンライン英会話スクールAQUESの魅力とは?

オンライン英会話スクールは老舗から、最近誕生したものまで、さまざまなスクールが存在します。

通常の英会話スクールと、オンライン英会話スクールを比較したとき、オンライン英会話スクールの圧倒的メリットは「気軽に始められる」ということです。

通常の英会話スクールでは、数十万という入会金+数カ月分の受講料の前払いを求められることが多いですが、オンライン英会話スクールは一カ月毎に支払うため、初期費用が大変安く済みます。

ですが、その安さによって長続きしない、ついついレッスンを受けなくなってしまう、という方も多いのではないでしょうか。

今回、完走率「97%」を誇り、最後までやり遂げることをサポートしてくれる、そんなオンライン英会話スクール「AQUES(アクエス)」をご紹介します。

なぜ、AQUESの完走率が高いのか、どうすればオンライン英会話スクールを続けることが出来るか、お悩みの方に必見です!

目次

完走率97%!のAQUESとは?

先に断言しておきますが、AQUESは「格安」を売り文句にしているオンライン英会話スクールではありません。

一般的なオンライン英会話スクールでは、人件費の安いフィリピン人講師が中心となっており、レッスン開始直後には「今日は何を習いたいですか?」というところからスタートします。

平均的にはレッスン時間が50分しかない中、レッスンの打ち合わせのために5分~10分の時間を使うというのは勿体ないと思いませんか?

AQUESは「費用対効果」を最大にするため、人件費の高い日本人による定期的なレッスンや進捗相談を行います。レッスン内容や進捗を日本人と細かく確認することで、効率的に英会話レベルアップにつなげることができます

そのため、フィリピン人講師オンリーのオンライン英会話スクールに比べて、若干費用が高くなりますが、オンライン英会話スクールに通う目的が「英会話スキルのアップ」であるならば、AQUESの利用は英会話向上の近道となります。

日本人コンシェルジュがやる気をサポート!続けられる仕組みがある

AQUESでは、専属に日本人コンシェルジュが、あなたの英会話スキルアップをサポートします。

メインレッスンは外国人で行いますが、専属の日本人コンシェルジュも定期的にレッスンをします。その時に通常のレッスン並びに、進捗具合の確認、スケジュール調整、英語では伝わらない相談や、モチベーション管理などを行います。

AQUESは授業開始直後から、用意されたカリキュラムに沿ってレッスンを受けられますので、無駄な時間を過ごすことがありません。なので、自習0時間でOK!レッスン内で復習する方法を採用しています。

話すことを目的にした英語学習の失敗例はいくつかありますが、共通点が多いのが自習です。 単語を覚える、文法を覚える、リスニング練習している。
どれも良いことなのですが長期間はなかなか続けられる方は少ないです。

そこでAQUESでは自習の時間をレッスンに変えましょうと推奨しております。気になる費用は、週3回×50分のレッスンを週5回×50分に変えても月5,000円しか変わりません

外国人講師とのレッスンは英語のみでのレッスンとなります。もちろんオンラインレッスンなのでお好きな場所で受講できます。
日本人コンシェルジュとのレッスンでは通常のレッスンの他に外国人講師には聞きにくい質問や英語学習の進捗具合などを確認しながら完全サポートしていきます。

外国人講師によるメインレッスンとは?

メインレッスンを担当する外国人講師とは画面内に出てくる教材を使い、発音練習⇒日英文の訳練習⇒会話練習の流れで進んでいきます。

通常の英会話スクールでは教材費を求められ、多くのテキスト本を買わなければならないということがありますが、AQUESでは教材は画面上に表示されるため、購入する必要はありません。

レッスンでは発話を中心に、頭でなく、身体を使って身に付けるアウトプットレッスンであなたの英語力を最短で伸ばしていきます。

AQUESで英会話が伸びる秘訣とは?

AQUESでは週3回未満のレッスンはお勧めしておりません。

それは忘却曲線と成長曲線が関係しているからです。忘却曲線のデータでは、人間は1週間で覚えたことの75%を忘れてしまうと言われています。習ったことを忘れないようにするためには、週3回以上のレッスンが最適ということです。AQUES独自の反復レッスンで忘れる率を抑えることができます。

また下記の成長曲線の図にもあるように学習効果が見えにくい停滞期でも、専属日本人コンシェルジュが日々の質問や、学習プランを完全サポートし、英語が話せる楽しさを実感できる急成長期まであなたを導きます。

オーラルテストで現状分析!成果と課題が明確化

本当に英語が話せるスクール!を目的としているAQUESは、頭の中で日本語を英語に変換し、言葉を発することをよりスムーズに行うための『日→英 アウトプットレッスン』を採用しております。

学校教育や資格勉強のような、英→日のインプット授業と比較すると、多くの日本人は英語が書けたとしても、話せるようになった人は少ないです。

英語は日本でいうなら日本語ですが、皆さんが小さい時に日本語が自然と話せるようになっていったのは常に言葉を発するというアウトプットをしてきたからです。

最初はもちろん短い言葉のみですが、段々と会話ができるようになっていきます。 英語学習も同じで最初は簡単な文をアウトプットしていきながら、その先には点と点が繋がり、英語での会話もできるようになります。

このことからも従来の英→日のインプット重視の英語学習ではなく、アウトプット重視の『日→英 アウトプットレッスン』が効果的と言えます。

また一度忘れてしまった記憶を呼び覚まさせる反復レッスンも常時行っており英語を忘れさせません。また英語を楽しく習慣化させるカリキュラム構成で、楽しく、効率的に英語を定着させ、本当の英語力を身に着けることができます。

英語脳に合わせたレッスン時間をカスタマイズ

語を話せるようになるにはレベルにもよりますが、1,000時間とか2,000時間、必要と言われています。 しかし、その時間を費やしても話せる人と話せない人がいます。 この違いの一つとして『英語脳』と『レッスン時間』が関係しています。

英語脳とは、英語を英語でそのまま理解できることで、英→英の状態です。また英語脳にスイッチされるまでは、英語を日本語に変換し、また英語に直して言い換えるので英→日→英といった感じです。

この英語脳にレッスン中切り替わると、英語を日本語に訳さず英語で理解できるため、返答スピードが速まり、レッスンの進捗も格段に上がります。ここでもったいないのが、せっかく英語脳に切り替わっているのにレッスンが終わってしまうことです。

人にもよりますが、レッスン開始から3、40分経ってから英語脳に切り替わる方が多く、そもそも30分しかないレッスンだと英語脳になる前にレッスンが終わってしまうということになります。50分の授業でも10分、20分しかありません。

AQUESでは早期の英語習得のためには30分以上英語脳にスイッチした状態でレッスンをしているのが望ましいと考えているため、50分のレッスン時間を基準としつつも、25分単位でレッスン時間を毎月変えられます。

これにより50分+25分の75分や、50分+25分+25分の100分のレッスンが実現し、短期間での英語習得の確実性をさらに上げることができるのです。

まとめ

AQUESは日本人コンシェルジュによるレッスン+カウンセリングと、外国人講師によるメインレッスンを組み合わせ、限られたレッスン時間を最大限活用できる効率的なカリキュラムにより、英会話スキルアップをサポートしてくれます。

今なら、無料お試しレッスン5回分 x 50分(=250分)を体験することが出来ます。

体験レッスンだけでも十分、英会話スキルアップにつながります。

格安と呼ばれるオンライン英会話スクールとは一味違う、本格的な英会話スクールの効果をご体験頂けることと思います。

↓↓↓オンライン英会話スクールの【AQUES】が気になる方は、こちらをクリック!↓↓↓

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる